アクセスカウンタ

<<  2012年9月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


読書の秋の到来・・・か?

2012/09/30 01:53
画像


最近、本をあまり読まなくなって来た。

特に新しい小説の類いには触手が伸びない。

なんでだろう・・・。

一番最近読んだのは、「きたやまおさむ・よしもとばなな」の
『幻滅と別れ話だけで終わらないライフストーリーの紡ぎ方』

「簡単にまとめてしまうと『日本人のあり方をとらえなおすことで、これからの困難な時代をなんとか生きていく術を、いちばんいい加減の考え方を、ふたりで模索する』、・・・・・サヴァイバルのツールにしてほしいと願う」と本の帯にある。

精神分析医の北山修と作家 吉本ばななの対談集なんですが、なかなか面白かった。
吉本ばななの小説は実は読んだことがありませぬ。
この一冊前に『ゆめみるハワイ』なる彼女のエッセイ集を読んだのが初めてで、彼女もHulaをやっていることを知り、それからのつながりになりました。

対談集の中の吉本ばななの思考はちょっとわかりにくいところがあったけど、理解できないという意味ではない。
対談を実際に聞いているように、話し言葉を読むわけで、前後の会話や場の空気から推し量ろうと努力しても、彼女の発想からほとばしる言葉がイマイチわかりにくかったという意味。
エッセイは楽しく読めたので、彼女の話し言葉は少し変わっているのでしょう。

北山修は昔からファンでした。
ミュージシャンだった頃の(実際は今もやっているらしいのですが)彼の知的な雰囲気が好きで、その後精神分析医になったことを知った時は驚きながらも、「なるほどねぇ、彼はそう生きる人なんだ」と納得できた。
憧れの先輩という感じですかね。
その他の彼の情報は一切知りませんが、実は偶然会ったこともあります。
昔働いていたホテルでパーティをやってくれたのです。
主賓が彼とは知りませんでしたが、風貌だけで「アレ?」と気づき、「北山先生」と呼ばれていたので、やっぱり〜と感激したのを覚えています。
素敵な紳士でした。

この対談集の中身についてはまた語ることもあるかと思いますが、その次に選んだ本は『植物はすごい』(生き残りをかけたしくみと工夫)という本です。
今日から読み始めました。

思うに、新しい小説の類いに手が伸びなくなったのは、文章とはいえ、言霊みたいなものの品質の悪さを感じるようになって来たからではないかと思う。

まったく小説を読まないというわけではないけれど、読書というのは想像力を必要とする。
いくらスト―リー展開が面白くても、悲惨な描写や凶悪な事件の表現を頭の中でイメージして、その印象が残ることがイヤなのであ〜る。

私の中のセキュリティ機能が働いているような気がする。

もちろん新しい小説の中にも素晴らしい一冊はあると思う。
私が出会えていないだけで、究極的なことを言うのは控えたいと思うが・・・。

・・・日曜日は台風が来るそうな。

9月の最終日、晴耕雨読といきますか・・・。

画像




記事へトラックバック 0 / コメント 2


September Party

2012/09/29 23:09
画像

Aloha!

本日の某ビル内、生花アレンジです。
モカラ、使ってますね〜。白いお花はなんだったっけ?

今日はここ数日の秋らしいお天気とは打って変わって、
真夏に逆戻りしたような蒸し暑い一日になりましたね。

Hulaのお稽古日だったんですが、今日はメレフラパーティでランチしたの。
11時に集合して、3時間近くの楽しい時間を過ごしました。
パーティといっても内輪だけだったんですけどね。
場所は麻布十番の某ビル6Fのこんなところ。

画像

下の写真、一番奥がステージになります。
画像


緑が多くて、東京のド真ん中のビルの上とは信じられませんね〜。

バナナの花も咲いてるし・・・。
画像


メインをチョイスして、後はビュッフェでサラダや飲茶、3〜4種類のプレート料理が並んでいます。
東南アジア系のお料理と味付けで、デザートやフルーツもあり、ソフトドリンクは十数種類から飲み放題。
私のメインはナシゴレンでしたが写真を撮り忘れました。

あ、みんなお料理を取りに行っちゃった・・・。
画像

ちなみに写真奥のお子様方は、店内からステージを鑑賞にいらした方々。
後に特別席をご用意しました。

本当はこの夏、『お台場の海浜で踊ってランチ』という計画があったのですが、酷暑であったのと、結局全員が集まれる日がなかったので、今日の企画となりました。
衣装はお好きに・・・、現地でお着替えもOKっていうことになっていたのですが、出かけるときはこんなに暑くなるとは思っていなかったので、おとなし目の普通の恰好が多かったです。
地元のメンバーはこれぞハワイアン!でしたけどね。
私も着たかったドレスはあきらめたんだけど、今日のお天気だったら大丈夫でしたね。
ちょっと残念でした。

暑いとは言ってもビーチパラソルの下に吹き込んでくる風は心地よい秋のもの。
ステージが日陰になる頃にはまるでリゾート地にいるようにリラックスして、帰りたくなくなってしまった私たちでした。

夏も終わりね。

画像


記事へトラックバック 0 / コメント 2


秘密の花園

2012/09/17 21:18
Aloha!

先月初めにいただいた花束の中にドラセナがありました。
茎がしっかりしていたものを花が終わった後も花瓶にさし、
水をかえる度にちょっくら栄養剤とか酵素を与えていたら、こ〜んなに根っこが伸びて来ましたよ。
画像


茎の方からは新芽も出て来て・・・(わかりますか?)
画像

成長が楽しみだなぁ。

もう少ししっかり根が伸びて来たら、土に植え替えないといけませんね。
いい土を選んで植え替えましょう。

ちょっとしたココくらいだったら、これで編めるかも・・・。


我が家は庭がないので鉢植えしかできませんが、今夏はティーリーフもプルメリアも順調に育っています。
プルメリアの花をどう咲かせたらいいのか、師匠が欲しいなぁ。
画像



あ、そうそう、
このお花って何だかわかりますか?
画像


これがTuberose(チューベローズ)よ!
・・・って、Hawai'iから帰国中だったpahoeさんから教えてもらったんだけど。

『部屋に一輪でも飾っておくと何気に結構香りますよ〜』なんて
花屋の店先で言われたからすぐにご購入しちゃったけど、ふと気づくと本当にいい香りが漂い、
『いい香りだね〜』
『でしょ〜?』という会話を何回交わしたことかしら? ね?

レイにするとこうなります。
画像


Tuberoseって、どんな風に咲くのか想像が出来なかったの。
クロッカスみたいに一輪で咲くのかな〜と漠然と考えていたんだけど、
それよりも繊細なお花だったんですね。
原産はメキシコですってよ! ワイルドじゃん。(それも以外!)

記事へトラックバック 0 / コメント 2


イプの誘惑

2012/09/16 10:58
Aloha!

土曜日は、ご存じHulaのレッスン日でした。

最近は年少組(我がハラウの場合、年少組というのは下級生クラスという意味で年は関係ありません)がカヒコ(古典Hula)のお稽古に入っているので、私たち年長組(年は関係なく、ただ少し長くこのハラウにいるというだけ)がイプまたはイプへケにてメレ(歌)と伴奏をしています。
画像
画像
上がイプ、下がイプへケです。いずれもひょうたんをくり抜いて作った楽器で、イプへケはイプよりも大きく、音色も深く、力強い音を出します。
(写真はお借りしました)


私、イプの伴奏とか、あまり好きではなかったのですが、最近なんだか好きになってきて、好きになって来るとこのお稽古が楽しくなって来ました。
何がきっかけだったのかはよくわかりません。
踊り手と伴奏する側の呼吸を合わせる楽しみがわかって来たのかもしれません。

私はいまだイプを使っていますが、イプへケの音色を聴くと、いつかはイプへケを叩いてみたいなぁという欲求が芽生えて来ています。

楽器とも相性があって、購入する場合はその相性(音色はもちろん、持ち心地や二つと同じ形のないその形状への愛着など)を見極めて縁をつなぐようです。
私のイプは乾燥させたひょうたんをHawaiiから取り寄せ、中身をくり抜いて自分で作ったものです。


同じ年長組のCちゃんは手作りイプを含め、イプへケも四つも持っているんですって!
決してお安くはない楽器なんですよ〜。
お友達がいっぱいいて羨ましいですね〜。

・・・って、そんな話をしながら、
この日はお稽古の後、先生を含む有志で恵比寿までお出かけ。
ちょっとマーケティングに行って参りました。

少し遅いランチを一緒に!
画像
久々のロコモコは予想以上に美味しくて、完食してしまいました。
真ん中のタマゴが温泉卵のようでプリップリ。

画像
サービス?でもう一枚載っけちまいましょう。
(テーブルのアレンジが可愛いかったので見て欲しくて)

食事の後は3軒のHula Shopをはしごして、解散と相成りました。

この日も残暑厳しく汗ダラダラ・・・、秋いずこ?

画像


記事へトラックバック 0 / コメント 2


2012/09/11 23:27
画像


Aloha!

多分、相方も知らないであろう癖がある。

いつ頃から癖になったのかもわからない。

その癖とは・・・、

走っている車のナンバーが気になってしまうこと。

私以外の方がどのくらい気にしているのか、だいたい目に入って来るのかもわからないけれど、私は気にしだすと止まらなくなってしまう。
そして、気になる時はほとんどと言っていいくらい、ゾロ目のナンバーにお目にかかる。
今日は久しぶりにその癖が出て、9999と2222のナンバーに出会った。

私の統計でいうと、以外にゾロ目車はたくさんある。
一日に5台見たこともある。それも出勤中のわずかな間に・・・。

馬鹿みたいだけど、ゾロ目車に出会うとちょっと嬉しい。
もう一台来るぞ!と暗示をかけて、本当に来ると心の中で小躍りしちゃう。

ツキがあるかな〜とか調子こいて宝くじを買ってみたこともあるけれど、
当たったことはない。


想い出せばまだ若かりし頃、
デートでドライブに誘われ、遠出したさに応じるが、
会話が途絶えた時や、相手の話がちぃっとも面白くない時など、
追い抜いて行く車のナンバーを見てひとり遊びしていたような気がする。
だから退屈はしない。


これは、
もしかして私の中に流れる博徒の血だろうか?
(友人は私のことを『あえて火中の栗を拾いに行こうとする』性格だよね〜と評する。あれ?関係ない?)
それとも前世の記憶の残滓か?
(前世では会計係でもやっていたのかしらん、いや配車係とか・・・)

この癖をどうにかしたいとは思っていないのだけど、
(少なくとも人畜無害だと思うし)
時々、何の因果でこんなことに集中しているんだろ〜と呆れてしまう。

画像

記事へトラックバック / コメント


C散歩

2012/09/10 00:44
Aloha!

膝の不調と残暑を理由にしばらく自分を甘やかしている内に体力の低下をすごく感じてしまいました。
Hulaは昨日から再開したけれど、骨盤エクササイズやパワーピラティスにはまだ行けていず・・・って有体に言えばサボっているわけだけど・・・。
これじゃあイカン!と、夕方からウォーキングに出てみました。
よく言えば?
いやいや、実際はお散歩程度でしかありません。

お散歩といえば知人に達人がおります。
ちぃ散歩ならぬC散歩。

Cちゃんママの口調をお借りしてちょっと綴ってみましょうか?
ウケるひとはごく少数だと思いますが、ちょっとやってみよう!

〜〜〜〜〜〜〜

日曜日のまったりした午後、自宅を起点に西方を歩いてみることにする。
行こう、行ってみようと思いながら、まだ歩いたことのない区域であ〜る。

国道を渡るとたいした角度ではないがすぐに上り坂。
JRの路線を下に見る鉄橋を渡ると、鬱蒼とした樹々が目の前に広がった。
そして、なんとこんなところに水流が・・・。
画像


画像

なるほど、この奥は御殿山ガーデンでありますな。
遊歩道が続いているのでそちらに向かいたい衝動を抑え、
「御殿山通り」と標識のある道を進む。

御殿山ガーデンの中には美術館もあったはずなので、次回はここをじっくり探訪することにしよう。

坂の途中に『翡翠原石館』?
画像

ここも次回の探訪先にリストアップする。

高級住宅地を抜けて今度は急な下り坂。
その途中のコーナーにはこんな憩いの場があり、
ちょっと癒され、あそこのベンチに座ってみたい気になるが、なにせ歩き始めてまだ30分もたっていないのだ。
微笑みを返して更に道を下る。
画像


下って行った先には目黒川。
画像

これは居木橋(いるきばし)からの眺めであ〜る。

ここで一句浮かんだ。
『坂下り、いるかいないか居木橋、待つともなしに佇めりけり』(ひゃひゃひゃ〜)
↑Cちゃんママはこんなバカはしない!

もとい!
川の両サイドには遊歩道があり、今歩いて来た坂から続く桜並木。
来年の春は必ず訪れてみたい。

道なりにさらに進むとあっという間にゲートシティ大崎に着いてしまった。
なるほど、こういう区域であったのか。

久しぶりだったので、ゲートシティの中もしばし探訪。
広〜いホールの中で想い々々に過ごす人々がいた。
ちょっとした買い物なども済ませ、

さて、帰路に向かう。
同じ道を戻るのは面白くないので(いや、あの坂を登りたくないだけじゃ)、
勘を働かせて違う道を進む。

あれこの辺りは十数年間京浜東北線の車窓から眺めた風景ではないか!
と気づく。
しかし足で歩いたのは初めてで、しばし感慨に耽ってみる。



その内にやや何やら異形の生物の気配。
画像


子供の森公園の住人でありましたか。
画像

この先は新馬場の駅があって、結局一時間ちょっとの散歩だったのであ〜る。

道端には風に揺れるキバナコスモス、
画像

秋ももうすぐなのであ〜る。


・・・しっつれい致しました。




記事へトラックバック 0 / コメント 4


昼間の女子会

2012/09/09 15:52
画像


Aloha!
今週の某ビル内生花アレンジです。
紅いジンジャーが効いていますね。

先月末、真っ昼間に大道でコケてから右膝の不調が続き、
Hulaのお稽古もお休みしてしまったので2週間ぶりです。
ここを通るのは毎週末なので、平日も飾ってあるのかしらんとある日通ってみたらなぁ〜んにもなかった。
それで週末と結婚式(式場があるので)とかの時に限られるのだなと分かりました。


先週はランチタイムを利用して女子会があったのよ。
産休中の女子が参加しやすいようにね。
・・・って、今月で定年退職される元上司を囲んでミニ送別会だったのです。


こんなとこで・・・
画像

これは汐留某ビル42階から広がるスカイツリー方向の風景。
(最近高い場所に縁があるようです)
夜景もキレイでしょうね。

この日のメニューは『湯葉膳』。
画像

この方も乳母と一緒に女子会初参加。
大きくなったね〜。10ヶ月ですって。

お料理の方はこの前に前菜(佃煮や生ハムなどの盛合せ)が出て、最後にデザート&コーヒーでした。
ご飯は栗の炊き込み飯。椀はしじみのお味噌汁。
湯葉はライブで作るのかな〜?とか、提供のされ方を楽しみにしていたので、結局は場所代なのね〜って感じ。
ま、ランチタイムじゃ時間的にも無理ですしね。

クオリティを求める女子会には、正直すこ〜し物足りない内容でした。
ランチでもサプライズが欲しいんだよね〜。(評価が厳しくてごめんなさい。)

見晴らしのいい広めの畳のお部屋で、
先日登場したKちゃんも乳母に連れられて来ており、私の腕の中でひと眠りする間、のんびり話せたのでよかったとしよう。(やっぱショバ代だね。だけど、もう来ないと思うな。)

赤ちゃんの重さや匂いや感触をじっくり楽しませてもらい、
すっかりばぁばなLokahiでした。

画像


記事へトラックバック 0 / コメント 2


ブレックファースト

2012/09/04 11:27
Aloha!

間延びしてしまいましたが、ホテルライフの最終版です。
一泊しかしてないのに、ずいぶん引っ張っちゃったね。

宿泊しないとなかなか食べられないホテルの朝食を紹介します。

天井が高くて開放的、白い壁が清潔な一階のダイニングでいただきました。

画像


テーブルのお花もほらね、イキイキ。
画像


基本的にビュッフェですが、卵料理だけ好きなものを選び、熱々で持ってきてくれます。
私はホテルお奨めのオムレツを頼んでみました。
画像

何というのでしょうか・・・、香草や野菜がいっぱい入った、オムレツ風卵焼き。
美味しかったのですが、パクチー入りになじめない内に食べ終えたって感じでしたね。
(パクチー自体は決して嫌いではないのですが)

相方は普通に目玉焼き。
画像


ビュッフェコーナーはこんな感じでした。
画像

豊富なシリアル、フルーツ、チーズとハム・・・。
画像

画像

画像

パンもこんなに種類があって、
画像

二種類が限界だった自分の胃がうらめしい・・・。
画像

サラダはなくなればすぐに補充されます。

他に飲茶みたいなものもありました。

『さぁ、食え〜〜〜』みたいな感じじゃなかったのが良かったね。
とっても上品な雰囲気でした。


今回泊まったホテルはここ。
画像


一生の思い出になりました。
泊めてくれた相方さま、有難うございました!
記事へトラックバック 0 / コメント 3


だけど、異国での一夜目。

2012/09/01 02:11
画像


Aloha!

ここがシンガポールで一番高い場所にあるレストランです。
スイソテル・ザ・スタンフォード70階、 『EQUINOX』
http://yakei.jp/abroad/singapore/new_asia1.html

マリーナ・ベイ・サンズ・ホテルの有名な展望台よりも高いところにあるレストランですよ。
ホテルが前方に見えるでしょ?
(室内から写真を撮ったので、店内が写り込んでいます)

レストランの中はこんな感じ。
画像
画像


フラッシュをたかなかったので、見えにくいと思いますが、天井が高く、ライティングが暗めで、テーブルは劇場のように高配を作ってセッティングされています。一番のウリは夜景なんですね。
71階には『ニューアジアバー』というお店があり、こちらの方がナイトスポットとしては有名なようです。

レストランに出向く直前にすっご〜〜いスコールにみまわれましたが、70階に着いたらキレイに晴れてくれました。私ではなく、相方の日頃の行いが良いのでしょう!

私たちはいつも基本的にアラカルトでそれぞれ好きなメニューをチョイスし、シェアして食べるのが好みで、この日のメインはステーキ(何とか風というのは忘れちまった)にしたのですが、出来上がりをみてビックリ!
な〜んと1kgのグリルした肉のかたまりでした。
それをスライスして運んで来てくれるのですが、とりあえずこんな感じ。
画像

ポテトグラタンや野菜を炒めたものがサイドメニューでついて来て、
何だか美味しそうに見えるかもしれませんけど・・・・・。

考えてみて!

1kgの肉よ!

食べきれるわけないっしょ!

前菜抜きだったとしてもぜ〜ったい無理。

これよ〜って固まりでテーブルに持って来られた時にすでに戦意喪失していたもん。
(コレヲ イマカラタベルノネ・・・・

正直、一切れ二切れでナイフが止まってしまい・・・、

我が家の愛犬へのおみやげにしたいからと、お持ち帰りさせてもらいました。

しっかーし、愛犬などはいな〜い。

後日談ですが、翌日コンドミニアムに戻って、シンガポールカレー・激辛サマー風味にアレンジさせていただきました!(お肉ゴロゴロ)

ってことで、
相方との再会は無事果たし、ホテルに戻って飲み直し。

画像

かの有名な伝説の『ロング・バー』でシンガポール・スリングをいただきました。

相方は床に食べ散らかしてもOKなスタイルがお気に入り。
(昨年のHawaiiではpahoeさんのお宅で枝豆の殻をラナイから投げ飛ばして狂喜していました)
[何でこんなことに狂喜するのか、よくわからないけど・・・]
この日はピーナッツ。
画像

足もとのピーナッツの残骸をご覧下さい。

ロング・バーではハードロック中心のライブが行われていたけれど、
私はハードロックは苦手。

ドリンクを飲み干した後は早々に部屋に戻り、
寝心地のいいベッドで爆睡してしまった私たちでありました。
画像


そうそ、 『EQUINOX』でのミネラルウォーターのラインナップ。
画像

すごいよね〜、ちょっと感動して撮っちゃいました。

ではでは、おやすみなさい。
・・・のホテルライフ一夜は過ぎて行きましたとさ。
記事へトラックバック / コメント


<<  2012年9月のブログ記事  >> 

トップへ

ブログ広告ならブログ広告.com
Aloha mi 2012年9月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる