アクセスカウンタ

<<  2012年8月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


転ぶ

2012/08/30 21:12
画像


Aloha!

急いでいたわけでも、暑さでボーっとしていたわけでもないのに、
転んでしまいました。

足をすくわれたように突然大の字にコケてしまい、
ショックでしばし起き上がれなかった。

右ひざは傷だらけ、折り曲げたり、立ち上がる時に痛ぁ〜い。
咄嗟についた左手の甲は傷はないけれど打ち身で痛ぁ〜い。

駅のトイレでひざの血をぬぐい、いつも持ち歩いているバンドエイドをバンバン貼って、階段を痛ッ痛ッと上り下りして、やっとこ帰って来ました。

子供の頃はよく転ぶ子でした。
今日のは年のせいかしら? いやぁねぇ。

久しぶりに痛い思いをしたね。

子供の頃のこと、想い出したね。

このくらいで済んでよかったと感謝することにしよう。
だって本当にそうだもん。

画像

記事へトラックバック / コメント


小さなお客様

2012/08/27 22:54
Aloha!

画像

こ〜んなきれいな花束を抱えてお客様がありました。

いらしたのはこの方たちです。

画像


生後三か月のKちゃん(右)と四か月のYちゃん、
はるばるとよくいらっしゃいました。

そのお客様を抱えて乳母たちも同伴。
暑い中ご苦労様と、ランチをご一緒しました。

昼間っからノンアルコールビールで乾パーイ

乳母はそろって気のいい美女たちです。
娘ほどの年齢ですが、かつて楽しい仕事仲間でした。

一緒に残業して、遅く帰る道すがら、
誰かの『お腹すいたなぁ』を合図に『じゃあ、一杯だけね』と、
中華や居酒屋で短いお疲れ様会をくり返した日々もあったね。

この日も脈絡もなくいろんな話をしたけれど、
女子会って、終わってみると、
いつも何の話をしたのかよく覚えてないの。
ただ楽しかったぁ、またやろうね〜!
って感じだよね?
楽しいひとときを有難う。

Kちゃん、Yちゃん、
乳母つれてまた来てね〜

記事へトラックバック 0 / コメント 6


ひとりで過ごした午後のこと

2012/08/27 18:46
画像

Aloha!

ホテルライフの続きです。

朝陽が差しこんでくる頃にはさすがに私も疲れて来、
シャワーを浴びてこのベッドにもぐりこみました。
画像

すごく寝心地のよいベッドだったせいか、すぐに眠り込んでしまった。

そうそ、リネン類も大々判バスタオルといい、バスローブといい、厚手で肌触りのいいものばかりでした。
相方なんてバスローブを持って帰りたいとスネるほどで、
しかしホテルのオリジナルショップで$300前後していたので、
絶対に後で請求が来るよ、
じゃあ逆に請求が来るかどうかやってみようよと言い募る相方に、
だったら新品を買った方がいいじゃんと説得しあきらめさせたほどです。
(結局買わなかったけどね))
だって本当に欲しかったらいつでも買えるわけですから!


そして二時間あまり熟睡。

起きたら起きたで異国の地にいることを思い出して、またまたハイテンション!

ホテル内を散策することはもちろん、
画像

(庭園では結婚式がおこなわれていたっけ)
画像
隣接するショッピングセンターも下から上まで徘徊し、
ランチも一人で食べて・・・、
何を食べようかと迷い、ラーメンを食べたくなったのですが、
『麺屋武蔵』(こんなところにもあったのね)は日本人らしき人に限らず長蛇の列、中華系のラーメン屋さんはイメージしたラーメンとは程遠く、結局お好み焼きを食べることにしました。

このお好み焼き屋が店名は『ぼてじゅう』なのですが、
メニューに掲載されているお好み焼きが日本のそれとは全く違い、
シーフードお好み焼きはカニの足が殻ごと飛び出しているし、
海老はお頭付きで入っているし(写真でね)、
キムチ入りだの、フルーツ系だの、いろいろとあって、
一番無難そうなのがポークお好み焼きだったので、それを注文することにしました。
写真は撮ったけど、掲載するほどのものじゃないので割愛いたします。
ま、無難な味でした。

同店ではちゃんぽんも提供していましたが、
これも日本のそれではなく、近いものでもなく、引いてしまうような具材のラインナップだったので、
郷に入れば郷に従えなのねぇ〜と、少しさびしい想いを抱きつつ、
フードコートを後にしたのでありました。
(でも考えてみたら、ちゃんぽんって何でもかんでもっていう意味だから、これでいいのか・・・なるほどね)

夜は相方がシンガポールで一番高い場所にあるレストラン(場所よ、場所!)へ連れていってくれるとのことでしたので、それを楽しみに、
徘徊から戻った後はドレスアップにいそしんだのであります。

そして、毎週土曜日の夜、目と鼻の先にあるマリナーズベイでは花火大会が開催されるとのことで、その爆音を聞きながら相方の到着を待ちました。
画像
記事へトラックバック / コメント


奉納舞

2012/08/26 02:00
Aloha!

本日はHulaのお稽古日でありました。
そしてお稽古場のある麻布十番の街は有名な納涼祭りの準備で賑わっていました。
画像

祭り本番までには間のある午後、私たちHula仲間、有志4人はそんな商店街を背にして、
画像

夜のイベントに向けてのお稽古後のお稽古に向かいました。
(ここで昔懐かしい、TV番組「キーハンター」の映像が浮かぶ・・・でしょでしょ?浮かばないよね

目黒区大橋の氷川神社http://www.ohashi-hikawajinja.or.jp/index.htmlでも禮大祭が開催されており、
私たちは奉納舞を捧げるためのダンシングチーム、いや即席巫女チーム?だったわけです。

午後6時半開催で私たちの舞いは8時頃になるとのことでしたが、演目は日本舞踊あり、民謡あり、詩吟あり、打ち太鼓あり、なんとなんとカラオケもありのなんでもありで、押して押して30分くらいは遅れたでしょうかね〜。
(あ、そうそう、クイズコーナーってのもあったみたい。)
ま、いいんですけどね。
お祭りだし、皆様それぞれのお気持ちで奉納されるわけですからね。
有難いことと思わなきゃいけませんよね。でも・・・、ここでカラオケ〜?
(後でプログラムを見たら、『よりそい酒パート2』、『こころ坂』、『東京オリンピック音頭』、『ひとり長良川』、『桟橋時雨』だって・・・。知っているのは『東京オリンピック音頭』くらいだったなぁ。すごいね〜、演歌の世界は。)

ってことで、私たちの奉納舞は『カウルべヒオケカイ』
画像

こんな扮装で踊りました。
写真はあなたを撮っている私を撮るCちゃん。(内緒で掲載)
踊りは・・・笑顔で楽しく踊れたのでアオレピりケア!です。

9時終了のイベントだったのに、まだまだ延々と続いている中、
私たち即席巫女チームは9時に解散して家路をたどりましたとさ。

私らの愛する先生はお母様の急病で今回立ち会っていただくことが叶いませんでした。
即席巫女たちは代わる代わる先生にメールを打ち、場の状況をつぶさに伝えながら大切な方を欠いたイベントをやり遂げました!

カンパイのビールを飲みに行く元気も残ってなかったRちゃん、Cちゃん、
そしてOさん、お疲れ様でした。

暑い暑い夏の、
だけど楽しい一日だったね。

画像
       
 空を仰ぐと、ひまわりのような太陽を突き抜けて飛行機雲が伸びていきました。


記事へトラックバック / コメント


自己喪失の試み

2012/08/23 01:03
画像


Aloha!

言いたくないけど、暑いですね。

すごい量のモカラでしょう?

これはね、ここの中に飾ってあったの。
画像


二階フロアのエレベーター前。
画像


もしこれでレイを編んだら・・・と、心の中では狂喜乱舞していました。

一階フロア、入口の扉前はこんな風に。
画像


いたるところにオーキッドの切り花や鉢植えが飾ってあって、ため息ばかり。
傷みかけたものや枯れた花が一本もなかったのはお見事!

今回の旅のメーンイベントはここに宿泊すること。

私の到着が少し早すぎて、出張から戻ってくる相方を待つことになり、奮発してくれました
特別に早朝にチェックインさせてもらい、相方の到着が午後8時頃とのこと。
それまでのひとりホテルライフを楽しむのだ!

機内であまり眠れなかったので、少し休んでから行動しようと思っていたのだけれど、部屋に案内された直後から妙にハイテンションになってしまい、
備品をチェックし、写真を撮り、外廊下のチェアで朝の空気を嗅いでみたり・・・と、結局2時間くらいウロウロと過ごしてしまったのであります。
その間に缶ビール2本も飲んじゃいました。
画像

まだ明けやらぬホテルの回廊。
朝っぱらから酒食らってるオバさんに気付いた人がどうかいませんでしたように・・・。

画像


ホテルライフの幕開けです。

記事へトラックバック 0 / コメント 3


Ylang-Ylang

2012/08/22 12:32
画像


Aloha!
実際に見てみたいとずっと思っていたイランイラン。
今回の旅で初めてお目にかかることが出来ました。
しかもすごく身近なところで・・・。
(相方のコンドミニアムのプールサイドに咲いていたの)

枝を引き寄せてかいだ香りはほんのりと甘く、フローラル。
催淫作用があるといわれていますが、直接には影響なかったな(笑)

画像

このくらい熟している方が香りが強かったような・・・。
抽出して精油にしないと本来の特性が出てこないのでしょうね。

へ〜こんな実がなるのね。
画像


アロマセラピーやマッサージについて学んだのはもう十数年前になります。
精油の効能や植物の種類について学んでも、
実際に見て、触って、嗅いで五感に留めないと、文字通り身にはつかないものですね。

今回、イランイランと出会えて本当によかったわ。
有難う。
画像






イランイラン YLANG-YLANG アロマオイル 40ml【バリ雑貨・アジア雑貨・アジアン雑貨】【花粉 対策】【楽ギフ_包装】【P0820】【HLS_DU】
アジアン雑貨&家具・ANGKASA
ギフト対応イランイランの精油を使ったアロマオイル。官能的な気分にさせる香りとして有名なエキゾチックで

楽天市場 by イランイラン YLANG-YLANG アロマオイル 40ml【バリ雑貨・アジア雑貨・アジアン雑貨】【花粉 対策】【楽ギフ_包装】【P0820】【HLS_DU】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【PHY'SIS】イランイランオイル/コモロ諸島産(エッセンシャルオイル/精油)★恋するアロマ
ナチュラルコスメ TOWA
★コンビニ後払いには手数料200円がかかります。※合計金額が6,300円(税込)以上の場合、手数料は

楽天市場 by 【PHY'SIS】イランイランオイル/コモロ諸島産(エッセンシャルオイル/精油)★恋するアロマ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へトラックバック / コメント


旅の効用

2012/08/19 13:14
画像


Aloha!

作家浅田次郎氏はかく語りき、
『旅の本質とは自己の喪失である。』と・・・。
『旅慣れぬ人はその本質を誤解してむしろ自己の確認をしようとし、ために旅を甚だつまらぬものにしてしまう。

周囲を見渡せば、現代に生きる人々は誰しも、喪失せしめばならぬ虚構の自我を持っている。
そしてしかるのちに本来の自己を恢復せねば、実は健全に生きて行くことはできぬのである。
ニュートラルな日常といったんおサラバし、虚構の自我を喪失し、本来の自我を獲得する。』

(文庫『つばさよつばさ』より勝手に抜粋させていただきました)
この喪失と恢復が旅の効用、あるいは週末の短期的自己喪失(その手法はひとそれぞれ)の必要性(楽しみ)なのであろう・・・と。

お久しぶりです。

今年の夏休みは誠にそれを実感する旅になりました。
渡航中に読んだ文庫の一節にいたく感銘し、旅行中は自己の喪失に努めてみたけれど、
心に屈託を抱えていたせいか、“いざ恢復”の時がちときつかった。
...本来の自我はいまだ恢復できておりませぬ。
いや、今のこの状況が本来の自我であるのかも?
なんて、ただでさえ暑いのに、さらに暑苦しいことをイキナリ!で申し訳ありません。

自己のバランスがとれていないことがよくわかっていたので、blogもなかなか再開する気になれずにいましたが、よく考えてみたら、バランスをとるためにはじめたblogだったことを思い出し、また細々と時折書いてみたいと思います。
それともがんばって毎日更新を目指すか?

いやいや、それこそ喪失と恢復の必要性に任せることにしましょう。

旅はいまだ続いているようです。

画像

とりあえず、ただいま。
記事へトラックバック / コメント


<<  2012年8月のブログ記事  >> 

トップへ

ブログ広告ならブログ広告.com
Aloha mi 2012年8月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる